福井県 敦賀・若狭 その他

明通寺三重塔、妙楽寺本堂.. 文化遺産カード小浜版発行

福井新聞(2021年3月20日)

 市民団体「小浜市の歴史と文化を守る市民の会」は、ご当地文化財をカードにした「文化遺産カード」福井県小浜市版を6種類制作した。明通寺三重塔や妙楽寺本堂などを紹介している。各100枚限定で同市広峰の市鯖街道ミュージアムで配布している。

 愛知県のNPO法人「古代邇波(にわ)の里・文化遺産ネットワーク」が、自治体や市民団体と協力してシリーズ化している。全国各地200種類以上あり、福井県内では美浜町の32種類のカードが発行されている。

 6種類は、国宝の「明通寺三重塔」や国指定重要文化財の「妙楽寺本堂」、「羽賀寺本堂」、「神宮寺仁王門」、「飯盛寺本堂」、国指定名勝の「萬徳寺庭園」。表面には文化遺産の写真、裏面には名称や住所、解説などが書かれている。縦5・9センチ、横8・6センチ。

 該当する6カ所の文化遺産を訪ねてスマートフォンなどで撮影し、同ミュージアムで写真を提示すれば写した文化遺産のカードを受け取ることができる。

 小浜市の担当者は「カード集めを楽しみながら、小浜の文化財に目を向けるきっかけにしてほしい」と話している。同ミュージアムは火曜休館。問い合わせは事務局の市文化課=電話0770(64)6034。

敦賀・若狭 ニュース