冬期休業を終え3カ月ぶりに再開した七間朝市=20日、大野市元町の七間通り

冬期休業を終え3カ月ぶりに再開した七間朝市=20日、大野市元町の七間通り

福井県 勝山・大野 祭り・催し グルメ 特産 その他

大野市の七間朝市3月20日再開 地場産野菜や生花の店で七間通りにぎやか

福井新聞(2021年3月21日)

 福井県大野市で400年以上続く「七間朝市」が冬期休業を終え3月20日、再開した。春の優しい日差しの中、石畳の七間通りには3カ月ぶりに野菜や生花などを売る店が朝早くから並び、市内外から訪れた人たちは各店を回って品定め。出店する"おばちゃん"の「今年もよろしくね」との元気な声が飛び交い、まちなかににぎわいが戻った。

 朝市は春分の日から大みそかまで、同朝市出荷組合員が毎日出店している。再開初日は17人が丹精込めて育てたサトイモや白菜、キャベツ、生花などを並べた。キャベツ、ニンジンなどは1月の大雪の下で育ったため、甘みがぐっと増したという。通りのあちこちで「元気やったか~」などと、おばちゃんと買い物客が会話を弾ませる姿が見られた。

 今年も新型コロナウイルスの感染防止のため、例年行われていた鏡開きやもちまきなどは中止。神事のみが行われ、商売繁盛、無病息災を祈願した。

 朝市によく訪れる永平寺町の70代夫婦は「再開を待っていました。店の人との会話など雰囲気が大好きで、野菜などをいっぱい買いました」などと笑顔を見せた。越前大野七間朝市振興協議会の吉村公裕会長は「出店側も新型コロナ対策を講じているのでぜひ足を運んでほしい」と話していた。

勝山・大野 ニュース

勝山・大野
イベント

勝山・大野
スポット