スチャダラパー

スチャダラパー

福井県 福井・永平寺 祭り・催し

スチャダラパー来るぞ 7月野外音楽フェス「ワンパーク」

福井新聞(2021年4月1日)

 福井県の福井市中央公園を舞台に、7月3、4日開かれる野外音楽フェス「ワンパークフェスティバル2021」の出演アーティストが3月31日、発表された。ラップグループ「スチャダラパー」やヒップホップグループ「ライムスター」など11組が福井に集結する。4月末ごろには第2弾の出演アーティストを発表する予定で、25組程度の出演を予定している。

 フェスは19年7月に第1回を開催し、2日間で約1万人を県都中心部に動員した。2年目は昨年7月に予定し、人気ロックバンドのサカナクションやサチモスなどの出演が決まっていたが、新型コロナウイルス感染防止のため今年に延期していた。

 実行委員会は3月31日、ウェブ記者会見を開き、第1弾となる出演アーティスト11組を紹介。スチャダラパーは、1990年にデビューし、94年にミュージシャン・小沢健二さんと共作した「今夜はブギー・バック」がヒット。ヒップホップを日本のお茶の間に持ち込んだ第一人者で、遊び心あふれる"スチャダラ節"が人気を集める。

 フェスの音楽顧問を務めるジャズバンド「ソイルアンドピンプセッションズ」の「社長」さん=越前市出身=は「本物の音を作ってくれるグループで、ワクワクしかない」と期待した。

 このほか、シンガー・ソングライター「iri」、メンバーの1人が福井市在住の「ALL OF THE WORLD」、DJ「grooveman Spot」なども出演する。

 新型コロナウイルス感染拡大防止として1日当たりの入場者数を、会場の広さなどから算出される最大収容人数の半数程度の3500人にするほか、飲食や物販ブースをメイン会場とは別の場所に設けるなど、密にならないような対策を講じる。

福井・永平寺 ニュース