ライトアップされ、幽玄な姿を見せる糸桜=4月2日夜、福井県福井市城戸ノ内町

ライトアップされ、幽玄な姿を見せる糸桜=4月2日夜、福井県福井市城戸ノ内町

福井県 福井・永平寺 花・紅葉

朝倉氏遺跡で糸桜ライトアップ 闇に浮かぶ幽玄な世界

福井新聞(2021年4月5日)

 福井県福井市の一乗谷朝倉氏遺跡で、糸桜のライトアップが4月12日まで行われている。投光器で照らされたピンク色の花が闇夜に浮かび、幽玄な世界が広がっている。

 同遺跡保存協会によると、遺跡内にある糸桜約300本は1日ごろから咲き始め、2日の陽気で一気に開花が進んだ。ライトアップ初日となった2日夜、親子連れらが幻想的な夜桜を写真に収めるなどして楽しんでいた。

 同協会の会長は「1月の大雪に負けることなく咲いてくれた。コロナ禍で大変だが、桜を見て元気になってもらいたい」と話している。

 ライトアップは午後7~9時(雨天中止)。昨年は新型コロナウイルスの影響で実施をとりやめた。

福井・永平寺 ニュース