カタクリの群落を舞うヒメギフチョウ=7日

カタクリの群落を舞うヒメギフチョウ=7日

長野県 松本・上高地・美ヶ原 花・紅葉

チョウ舞う薄紫の花園 朝日・古川寺の裏山でカタクリ見頃

信濃毎日新聞(2021年4月9日)

 朝日村古見にある古川(こせん)寺の裏山でカタクリの花が見頃を迎えている。数万株が群生し、薄紫色のかわいらしい花が訪れる人たちを楽しませている。

 一帯にはヒメギフチョウの幼虫が餌とする植物「ウスバサイシン」も混生。条件が合えば、カタクリの蜜を吸うヒメギフチョウを見ることができる。

 6日も写真愛好家らがシャッターチャンスを待った。近所の女性(88)は「ヒメギフチョウを撮りたかったが今日はいないみたいなので出直します。ここのカタクリは色がちょっと濃くてきれい」と話していた。

 村教育委員会によると、カタクリは4月下旬頃まで楽しめそうだという。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット