満開を迎えた「さくラさく小径」の桜

満開を迎えた「さくラさく小径」の桜

長野県 長野市周辺 花・紅葉

「さくラさく小径」花盛り

信濃毎日新聞(2021年4月11日)

 佐久市中込の千曲川沿いにある公園「さくラさく小径(こみち)」の桜が満開を迎え、多くの市民らが楽しんでいる。10日は市がオンラインの移住相談会を園内で開き、担当者がタブレット端末を通じて満開の桜を見せながら、移住を検討している首都圏の参加者の相談に応じた。

 桜並木の下が花のトンネルのようになった園内では、家族連れが花を眺めたり、子どもたちが元気に駆け回ったり。市内の会社員比田井裕二さん(51)は、新型コロナウイルス下を踏まえ「いろいろある時期だから(桜を見て)皆の心が明るい気持ちになればいい」と話した。

 移住相談会では、市の移住交流相談員の浜二郎さん(66)が、テレビ会議システムを使って佐久の魅力を紹介。2014年に横浜市から佐久市に移住した浜さんは、自身の経験も交えながら、佐久の気候や、地域社会との付き合い方、子育て環境などの質問に答えていた。

長野市周辺 ニュース