見頃を迎えたシャクナゲに見入る来場者

見頃を迎えたシャクナゲに見入る来場者

富山県 黒部・宇奈月・新川 花・紅葉

シャクナゲ小道彩る 魚津の天神山ガーデン

北日本新聞(2021年4月23日)

 富山県魚津市小川寺の自然植物園「花の森・天神山ガーデン」で、シャクナゲが見頃を迎えている。白色や鮮やかな赤色のシャクナゲが小道を彩っており、22日も訪れた人たちが花を眺めながら散策した。

 園内にはシャクナゲ約1500本が植えられている。「シャクナゲと山野草の小道」と名付けられた散策路では、道の両側に淡いピンク色や白色、赤色の大輪の花が咲き誇り、木漏れ日に輝いていた。

 園を手入れするボランティア団体の元野清光会長(72)は「5月の連休中までは楽しめそう」と話している。

えきねっと びゅう国内ツアー

黒部・宇奈月・新川 ニュース