忍者ハットリくんらの石像4体を清掃する会員

忍者ハットリくんらの石像4体を清掃する会員

富山県 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

ハットリくんピカピカ 氷見・つままの会が石像4体清掃

北日本新聞(2021年4月27日)

 氷見市の観光ボランティアグループ「つままの会」(茶山秀雄会長)は26日、同市丸の内の光禅寺で、市出身の漫画家、藤子不二雄(A)さんが生み出した人気キャラクターの石像4体を清掃した。

 同寺は藤子(A)さんの生家で、境内に「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「笑ゥせぇるすまん」の石像が設置されている。同会は毎年ハットリくんの誕生日の5月5日に市中心部で繰り広げられる「藤子不二雄(A)まんがワールドまつり」に合わせ、清掃してきた。

 昨年に続き、今年のまつりも新型コロナウイルスの影響で中止になった。昨年は清掃を見送ったが、汚れが目立つようになったため2年ぶりに行った。

 会員6人が石像に水を掛け、ブラシやたわしで汚れを落とした。茶山会長は「『3密』に注意しながら訪れ、気持ちよく見て行ってほしい」と話した。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース