木が化石になる過程を伝える企画展

木が化石になる過程を伝える企画展

富山県 黒部・宇奈月・新川 その他

木が化石へ変化 パネルで過程解説 魚津埋没林博物館

北日本新聞(2021年5月11日)

 企画展「山からサメ!海からスギ!魚津の化石展」が富山県魚津市の魚津埋没林博物館で開かれている。片貝川付近の地層で見つかった珪化木(けいかぼく)などを展示し、木が化石になる過程を伝えている。6月27日まで。

 大昔の生物の体や痕跡を指す「化石」には埋没林も含まれる。植物は通常、枯れると微生物などで分解されるが、水の多い地層中に置かれたり、二酸化ケイ素が入り込んで珪化したりすると化石になることを展示パネルで解説している。

 同市宮津で、かつて亜炭が採掘されていたことも紹介。同市大熊で発見されたサメ「メガロドン」の歯も並ぶ。

えきねっと びゅう国内ツアー

黒部・宇奈月・新川 ニュース