開店を前に公開した彩本堂で、サイホンでコーヒーを入れながらその魅力を語る中山さん=24日

開店を前に公開した彩本堂で、サイホンでコーヒーを入れながらその魅力を語る中山さん=24日

長野県 上田・小諸 グルメ

カフェ「彩本堂」小諸でオープンへ 抽出技術3度優勝の中山さん

信濃毎日新聞(2021年5月25日)

 サイホンコーヒーの抽出技術を競う国内大会で最多3度の優勝に輝いた中山吉伸さん(40)=小諸市=が支配人を務めるカフェ「彩本(さいほん)堂」が6月1日、小諸市荒町の旧北国街道沿いに開店する。市街地活性化を目指す同市の民間組織「おしゃれ田舎プロジェクト」(田舎プロ)が開店に協力した。24日の内覧会で中山さんは「サイホンは『香りの劇場』。その魅力を伝えたい」と力を込めた。

 カウンター8席、テーブル12席。空き家となっていた木造の建物の1階部分66平方メートルを改装した。建物には古木が柱に使われ、移築した土蔵が組み込まれている。山形県から取り寄せた盆栽12種類、計60個が並ぶ。「自然を感じることでコーヒーの味わいが変わってくる」(中山さん)という。

 中山さんは岐阜市出身で、2011年に丸山珈琲(軽井沢町)に入社し、マーケティングや社員教育などを担当した。同店を開くため今年3月に退職した。「ジャパン・サイフォニスト・チャンピオンシップ」に12年に初出場し準優勝。翌年と15、18年に計3度の優勝を果たした。世界大会では2度、2位になった。

 店のオーナーは、丸山珈琲の元社員で小諸工場長だった梅谷匡尚(まさなお)さん(37)=佐久市。小諸市は「(自身の)思い入れが深く、ポテンシャルの高い街」といい、田舎プロを通じて今回の物件を紹介してもらった。

 丸山珈琲から仕入れる豆を使い、中山さん、梅谷さんら3人がサイホンでコーヒーを入れる。1杯770円からで5種類を用意。盆栽の販売もする。1~6日は予約制。問い合わせは同店(電話0267・41・0395)へ。

今月のお得な国内ツアー びゅう

上田・小諸 ニュース