枝の上で羽を休めるアオバズク=兼六園瓢池付近

枝の上で羽を休めるアオバズク=兼六園瓢池付近

石川県 金沢市周辺 アウトドア・レジャー

アオバズク来た! 兼六園に5年連続飛来

北國新聞(2021年6月16日)

 兼六園の瓢(ひさご)池付近で15日、フクロウの仲間アオバズク2羽が確認された。県金沢城・兼六園管理事務所は2017年から毎年、飛来を確認しており、5年連続となった。

 14日からの兼六園再開を受け、池の周辺には望遠カメラで撮影する写真愛好者もいた。

 毎年アオバズクを見に来ている渕上豊さん(71)=菊川2丁目=によると、アカマツの例年より高い枝にいるといい「来るのを今年も楽しみにしとった」と話した。

 加賀市鴨池観察館によると、アオバズクは体長30センチ前後とフクロウに比べて小さく、黄色い目と腹部の太い斑が特徴である。繁殖期の夏季に東南アジアなどから日本へ飛来する。近年では全国的に目撃数が減ってきている。

えきねっと びゅう国内ツアー

金沢市周辺 ニュース

金沢市周辺
イベント

金沢市周辺
スポット