展示が始まったコビトカバの赤ちゃん=能美市のいしかわ動物園

展示が始まったコビトカバの赤ちゃん=能美市のいしかわ動物園

石川県 加賀・白山・小松 アウトドア・レジャー

コビトカバの赤ちゃん公開始まる いしかわ動物園

北國新聞(2021年6月26日)

 能美市のいしかわ動物園で25日、3月26日に生まれたコビトカバの雌の赤ちゃんの屋外展示が始まった。来園者は母親の「ノゾミ」とじゃれ合う愛らしい姿に目を細めた。

 雌の赤ちゃんは雄のヒカルと雌のノゾミの間に生まれた。同園によると、体長は誕生時から30センチ増の約70センチ、体重は30キロまで成長した。コビトカバは世界三大珍獣の一つで、同園での飼育は3頭となった。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース