梅雨の晴れ間に、大輪の花を咲かせ始めた大賀ハス=7日、木島平村の稲泉寺

梅雨の晴れ間に、大輪の花を咲かせ始めた大賀ハス=7日、木島平村の稲泉寺

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 花・紅葉

雨粒も輝くハス大輪 木島平・稲泉寺

信濃毎日新聞(2021年7月8日)

 木島平村穂高の稲泉寺(とうせんじ)で、古代のハスとして知られる「大賀ハス」の花が咲き始めている。梅雨の晴れ間となった7日は大輪のピンク色の花びらを広げ、葉に残った雨粒が日差しに輝いていた。周辺ではセミの鳴き声が響きトンボが飛び回り、本格的な夏の訪れはもうすぐだ。

 稲泉寺では約50アールの水田だった場所に10万本ほどのハスを栽培。前住職の小野沢昭雄さん(82)によると、今年は例年より10日ほど早い6月20日ごろに開花が始まった。ただ、その後は水温が低くて生育が遅れ、現在は三分咲き程度。咲きそろうのは7月中旬になりそうで、お盆ごろまで楽しめるという。

 恒例の「稲泉寺ハス花祭り」は、新型コロナウイルスの流行が続く影響で昨年に続き今年も中止に。それでも小野沢さんは「旅行など遠出ができない分、近場の楽しみにしてもらえたらうれしい」と話していた。

今月のお得な国内ツアー びゅう

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット