ミレーやクールベらの作品が並ぶ展示室

ミレーやクールベらの作品が並ぶ展示室

富山県 富山・八尾 その他

常設作品入れ替え 美術館「ギャルリ・ミレー」

北日本新聞(2021年7月9日)

 富山市中央通りの美術館「ギャルリ・ミレー」は常設展示の作品を入れ替え、8日から公開を始めた。「ミレーとクールベ~写実主義の時代の中で~」と題し、同時期に活躍した2人の画家の多彩な画業を紹介している。

 展示作品の大部分を入れ替え、計22点を並べた。「あるがままの風景」「ふるさとを想う」など五つのテーマで構成している。

 クールベは人の死など厳しい現実をテーマにした作品が多いが、今回の展示では故郷の自然を表現した「岩山の風景、ジュラ」など明るいタッチの作品も並ぶ。滝川真由美事務局長は「語られてきた画家の印象とは違う側面にも触れてほしい」と話している。

えきねっと びゅう国内ツアー

富山・八尾 ニュース