富岡惣一郎の風景画などを展示する企画展=南魚沼市のトミオカホワイト美術館

富岡惣一郎の風景画などを展示する企画展=南魚沼市のトミオカホワイト美術館

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 祭り・催し

富岡の四季 色鮮やか 南魚沼 トミオカホワイト美術館

新潟日報(2021年7月13日)

 新潟県上越市出身の画家、富岡惣一郎が四季の風景をカラフルに描いた絵画など40点を展示する企画展が、南魚沼市上薬師堂のトミオカホワイト美術館で開かれている。

 富岡は雪を描くため、黄色く変色せず、亀裂が生じない白い絵の具「トミオカホワイト」を自ら開発。白と黒を基調にした冬の山や川、海を描く印象が強い。

 今回の企画展では、舞い散る桜の花、夏の海を漂うヨット、燃えるような紅葉など、春から秋の風景の作品も展示している。赤や青、黄などの絵の具を使い、カラフルに表現した。

 同美術館の角田久美子さんは「『富岡さんにはこんな絵もあったのか』と驚かれる作品もある。モノクロとの対照的な色彩を楽しんでほしい」と話している。

 11月16日まで。入館料は一般500円、小中高校生は250円。

詳細情報

リンク
南魚沼市トミオカホワイト美術館 http://www.6bun.jp/white/
今月のお得な国内ツアー びゅう

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース