餌が入った氷に近寄るハクビシン

餌が入った氷に近寄るハクビシン

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

餌入り氷 冷え冷えのおやつ ファミリーパーク

北日本新聞(2021年8月15日)

 動物たちが夏の暑さを乗り越えられるように、餌が入った氷を与える「ひえひえおやつタイム」が14、15の両日、富山市ファミリーパーク(同市古沢)であった。連日の雨で暑さは厳しくなかったものの、動物たちはおいしそうに氷をなめていた。

 ハクビシン、ホンドザル、ニホンツキノワグマ、レッサーパンダに氷を与えた。ハクビシンの飼育コーナーでは、リンゴやバナナなど果物入りの氷が木の枝につるされた。雨が降るとあまり動かないハクビシンは、なかなか屋外に姿を見せなかったが、空腹になると枝に乗り氷をなめていた。

 夏休みの自由研究で動物を調べようと訪れた家族連れが、愛らしい姿を眺めていた。

えきねっと びゅう国内ツアー

富山・八尾 ニュース