2年ぶりに開幕した「町屋の屛風まつり」=1日、村上市大町

2年ぶりに開幕した「町屋の屛風まつり」=1日、村上市大町

新潟県 村上・胎内 祭り・催し

豪華一双 町屋の屛風まつり 村上市で開幕

新潟日報(2021年10月5日)

 城下町の町屋などで代々受け継がれてきた屛風(びょうぶ)や民具などを展示する新潟県村上市の「第21回町屋の屛風まつり」が1日、旧町人町一帯で開幕した。昨年はウイルス禍の影響で中止となっており、2年ぶりの開催となった。今年は例年より半月ほど遅い開催となったが、初日から見物人が訪れ、町屋の伝統文化に触れていた。

 村上町屋商人会が主催。店舗など30軒が参加した。同市大町の鮭(さけ)加工販売「千年鮭きっかわ」では、江戸後期の彦根藩家老、岡本黄石が揮毫(きごう)した金屛風をはじめ、村上木彫堆朱(ついしゅ)の三彩彫の重箱なども並べられた。

 同店には地元、村上小学校の2年生たちが生活の授業で訪れ、展示物や鮭の加工品などについて店員から説明を受けた。引率した市内の自営業男性(43)は「子どもたちが村上の文化芸術に触れる良い機会になった。多くの人に見てもらい、まちがにぎやかになってほしい」と話した。

 商人会の吉川真嗣会長(57)は「春の人形さま巡りと合わせ、村上の町屋文化を伝える伝統行事だ。感染症対策を徹底し、参加店を挙げて歓迎するので遠慮なく訪れてほしい」と呼び掛けた。

 屛風まつりは31日まで。問い合わせは市観光協会、0254(53)2258。

詳細情報

リンク
第21回 城下町村上 町屋の屏風まつり|村上市観光協会 -鮭・酒・人情 むらかみ- https://www.sake3.com/event/7708
今月のお得な国内ツアー びゅう

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット