日本酒イベント「新潟清酒酒場」のロゴ

日本酒イベント「新潟清酒酒場」のロゴ

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

新潟県80蔵以上の日本酒勢揃い! 「新潟清酒酒場」開催

新潟日報(2021年11月8日)

 新潟県酒造組合は、県内80以上の酒蔵の日本酒が楽しめるイベント「新潟清酒酒場」を20、21の両日、新潟市中央区で開く。会場は新潟西港に面した万代島多目的広場(通称・大かま)。事前に募った来場者を当日は2時間ごとに入れ替え、新型コロナウイルス感染対策を徹底する。13日にはフリーアナウンサーの古舘伊知郎さんをナビゲーターに迎えたオンラインイベントも企画。大規模試飲イベントの開催が難しいウイルス禍で、県産日本酒を新たな形でPRする考えだ。

 同組合などでつくる実行委員会が主催する国内最大級の日本酒飲み比べイベント「にいがた酒の陣」は、ウイルス禍で2020、21年と連続で中止となり、来春の開催見送りも決定している。こうした中、ウイルスの感染状況が落ち着いてきたこともあり、忘年会シーズンに向けて県産日本酒の消費喚起を図ろうと、組合は清酒酒場を初めて企画した。

 20、21の両日は万代島多目的広場に特設ブースを設置。日本酒の試飲をその場で楽しめるようにするほか、日本酒や特産品などの販売も行う。感染拡大防止の観点から開催は午前10時~午後7時半で各日4回に分け、各回200人を2時間ごとに入れ替える。

 現地でのイベントに先立ち、13日には「新潟清酒オンライン酒場」と題したイベントを開催。古舘さんのほかに"サプライズゲスト"らが、県産日本酒の魅力や楽しみ方などを動画サイト「YouTube」でライブ配信する。

 県酒造組合需要振興委員会の齋藤俊太郎委員長(麒麟山酒造社長)は「久しぶりの対面イベントを、ぜひ楽しんでもらいたい。年末に向け、少しでも日本酒の需要喚起につながればうれしい」としている。

 現地イベントは事前申し込みが必要で、イベントの特設ページから申し込む。参加費は1回2500円で、2時間の制限時間内で自由に飲み比べができる。

 13日のオンラインイベントは申し込み不要で午後6時開始。URLはhttps://www.youtube.com/watch?v=COv8jekSuOc

 問い合わせは県酒造組合、025(229)1218。

詳細情報

リンク
新潟清酒酒場 | 新潟県、日本酒、イベント https://www.niigataseishusakaba.jp/
今月のお得な国内ツアー びゅう

新潟・岩室 ニュース