阿賀町の雪椿オイルを使った「アガノユキツバキ ハンドクリーム」

阿賀町の雪椿オイルを使った「アガノユキツバキ ハンドクリーム」

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 特産

雪椿オイル配合 ハンドクリーム 阿賀町の新ブランドに

新潟日報(2021年11月30日)

 雪椿発見・命名の地、新潟県阿賀町で、雪椿の種から採取したオイルを使ったハンドクリームが開発され、町内などで販売されている。企画した地元建設会社「巴山(ともやま)組」は「町の雪椿のブランドを高めて、地域おこしにつなげたい」としている。

 雪椿を町の地域資源として活用しようと、巴山組は、休耕地で栽培。2015年10月からは、種から搾油し食用の雪椿オイル「アガノユキツバキ」(12ミリリットル入り、3千円)を製造販売している。雪椿は低木で、高齢者でも種を採取しやすい。商品化することで、町の雇用や産業振興につなげたいとする。種30キロ当たりで約3リットルしか採れない貴重品だ。

 雪椿オイルの高い保湿成分に注目し、ハンドクリームの製品化を考えついた。商品開発担当の長谷川三千代さん、上原奈都さん、猪俣夏来さんを中心に約1年半かけて企画を進めた。

 製品製造は大阪のメーカーに依頼。完成した商品は雪椿オイル2%を含む。試作を繰り返し、オイルを3%以上含んだクリームはオイルが強く手がべたつき、2%がさらりと手になじんだという。香料は入れず、強い香りはしない。

 箱や容器のデザインは白を基調に薄墨で描いたような雪椿の絵。「つがわ狐の嫁入り行列」をイメージさせる和のストーリー性を持たせた。日常使い用に容器の大きさもバッグに入れやすさに配慮した。

 猪俣一成専務は「新しいお土産や贈り物として使ってもらいたい」と話している。

 40グラム入り1800円(税別)。町内温泉旅館、道の駅阿賀の里、新潟伊勢丹などで販売している。

 問い合わせは巴山組、0254(95)2316。

詳細情報

リンク
緑の油田プロジェクト - 株式会社巴山組 https://tomoyamagumi.com/business/green_oil_field/
今月のお得な国内ツアー びゅう

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット