日本酒とボードゲームが楽しめる飲食店を開く東さん

日本酒とボードゲームが楽しめる飲食店を開く東さん

富山県 高岡・氷見・射水

日本酒バーを交流の場に 高岡の東さんが24日開店 街なか活性に一役

北日本新聞(2021年12月24日)

 高岡市五十里東町の東則克さん(29)は24日から、同市大手町で、日本酒とボードゲームを楽しめるカフェ&バー「夜Cafe ぽんぷく」を開く。坂下町商店街の空き店舗を借り、中心市街地のにぎわいづくりに一役買いたい考え。県内20の酒蔵の日本酒を用意する予定で「地酒の魅力を伝えたい」とも語っている。

 東さんは今夏まで北陸電力に勤めていた。「好きな日本酒とボードゲームを生かし、街中に交流の場をつくりたい」と考え、同社を退職。日本酒好きが高じてきき酒師の資格を取り、高岡市御旅屋通りの居酒屋などで飲食業の経験を積んだ。

 元々、市内中心部の人通りの少なさが気になっていた。今回利用する元宝石店の空き店舗は高岡駅から近く、酒類を出すのに適していると考え、借りることを決めた。

 日中はカフェ、夜はバーとして営業する。カフェの時間帯はパスタやソフトドリンクをメニューとし、日本酒を中心とした酒類は基本的に夜に提供する。日本酒は飲み比べができるようにするほか、ボードゲームを約30種類用意する。

 東さんは「人が集う場所にしたい。県内に多くの酒蔵があることを知ってもらいたい」と話している。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース