結氷した湖面に現れた筋=28日午前10時44分、下諏訪町高浜

結氷した湖面に現れた筋=28日午前10時44分、下諏訪町高浜

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

「プチ御神渡り」喜ぶ地元 下諏訪で湖面の一部に筋

信濃毎日新聞(2022年1月29日)

 下諏訪町の諏訪湖岸近くで結氷した湖面に一部、わずかにせり上がった筋が現れ、地元の人が「御神渡(おみわた)りのようにも見える」と喜んでいる。

 同町の新聞販売店社長、渡辺章さん(54)は27日朝に散歩中、同町高浜の湖岸で氷の筋を発見。28日朝も残っているか見に行くと、50メートル以上にわたって筋がジグザグに走り、少しだけ氷がせり上がっている場所もあった。2018年に出現した御神渡りを見た渡辺さんは「それに比べれば、プチ御神渡り」。

 対岸の諏訪市豊田では八剣神社(諏訪市)が御神渡りの認定に向けた観察を続けている。渡辺さんは「ここの筋が大きくなったら、『市民認定』の御神渡りにできるかな」と観察を続けるつもりだ。

今月のお得な国内ツアー びゅう

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット