学業成就などに御利益があるといわれる「貫通石」=糸魚川市

学業成就などに御利益があるといわれる「貫通石」=糸魚川市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し

難関突破へご利益あるかも「貫通石」 糸魚川の博物館展示

新潟日報(2022年2月8日)

 意志貫き難関突破して-。新潟県糸魚川市のフォッサマグナミュージアムは、トンネルの貫通点付近で採取された岩石「貫通石」を展示している。試験合格や安産に御利益があるといわれ、ミュージアムでは受験生にアピールしている。

 貫通石は北陸道子不知トンネル(糸魚川市)と名立トンネル(上越市)、青函トンネル(北海道、青森県)で採取されたもの。

 子不知トンネルの石は約1億年前の黒雲母花崗(かこう)岩で、名立トンネルの石は約300万年前の安山岩、青函トンネルのものは約800万年前の砂質凝灰岩。いずれも糸魚川市の登山家、故小野健さんが収集し、寄贈した。館長の竹之内耕(こう)さん(59)は「受験生は貫通石にあやかり、良い知らせを受け取ってほしい」と話した。

 また、市内のイラストレーター、吉原晴美さんが手掛けた、石に描いたおひなさまの作品も展示。ヒスイの台座の上で、かわいらしい表情が目を引いている。

 おひなさま石は3月6日まで、貫通石は同21日まで展示。無料。

詳細情報

リンク
フォッサマグナミュージアム Fossa Magna Museum - 新潟県糸魚川市のヒスイとフォッサマグナのことが楽しく学べる博物館 https://fmm.geo-itoigawa.com/
今月のお得な国内ツアー びゅう

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット