へちま産業が商品化した「へちまあま酒」

へちま産業が商品化した「へちまあま酒」

富山県 高岡・氷見・射水 その他

「へちまあま酒」いかが 射水のへちま産業商品化 美肌効果も期待

北日本新聞(2022年2月11日)

 ヘチマ加工販売業「へちま産業」(富山県射水市中野・大島、瀧田秀成社長)はヘチマとこうじを使った甘酒「へちまあま酒」を商品化した。腸を整える作用があるとされる「発酵」「食物繊維」「オリゴ糖」の3要素が含有し、こうじとヘチマ水で美肌効果も期待できるとしている。

 米、米こうじ、ヘチマ水、塩を原料に製造したノンアルコール商品となる。甘酒として飲むほか、調味料にも使える。

 ヘチマの葉入りの緑色と、葉を入れていない白っぽい商品をいずれも90グラムの飲み切りサイズで製造した。価格は324円。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース