スノーボード客の姿が目立ったゲレンデ=白山市の白山一里野温泉スキー場

スノーボード客の姿が目立ったゲレンデ=白山市の白山一里野温泉スキー場

石川県 加賀・白山・小松 アウトドア・レジャー

【石川】金メダル効果?スノボ客で白山一里野、盛況

北國新聞(2022年2月13日)

 白山市の白山一里野温泉スキー場は3連休の2日目の12日、晴天に恵まれ、多くのスキー客でにぎわった。11日の北京五輪で平野歩夢選手がスノーボードで日本選手初の金メダルを獲得したこともあってか、スノーボードを楽しむ若者や家族連れの姿も目立った。

 12日の積雪は山麓230センチ、山頂360センチとなった。同スキー場によると、昨年12月21日から営業を始めた今季は、定期的な降雪で積雪量に恵まれ、昨季よりも良好なゲレンデの状態が続いている。コロナ下でも楽しめる屋外スポーツとしてもスキーやスノーボードが注目されており、集客は上々という。

 スキー場は3月下旬頃までの営業を予定している。寺祥澄支配人は五輪でのメダルラッシュでウインタースポーツを楽しむ人が増えることを見込んでおり、「平野選手に続いて日本勢が活躍することで、冬のスポーツの関心が高まり、スキー場を訪れる人が増えてほしい」と語った。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース