「赤い酒」を手にする杜氏の平田正行さん=上越市

「赤い酒」を手にする杜氏の平田正行さん=上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川

桜色の輝き 酒に閉じ込めて 上越 妙高酒造「赤い酒」

新潟日報(2022年3月8日)

 新潟県上越市南本町2の妙高酒造が、赤く色づいた日本酒「妙高山 赤い酒」を発売した。上越産の古代米を使用して桜色に輝かせており、同社は「これからの桜の季節にも合わせ、色合いを楽しみながら飲んでもらいたい」としている。

 吟醸や本醸造といった王道商品だけでなく、日本酒の幅広さを伝えようと企画。醸造関係者から古代米を使って色を出す手法を聞き、栽培者を探し、研究を進めてきた。

 「赤い酒」の色は、古代米「紫黒(しこく)米」に含まれるアントシアニン系色素によるもの。紫黒米と酒米「五百万石」を組み合わせ、色を逃さずに出せるよう試行錯誤して完成させた。

 うま味や甘味を生かしながら、飲みやすい味わいに仕上がった。杜氏(とうじ)の平田正行さん(71)は「いい出来栄えで紫黒米独特の香りもある。しゃれたグラスで味わって雰囲気も楽しんでほしい」と話している。

 1本720ミリリットルで、参考小売価格は1650円。上越市などの酒販店やオンラインショップで販売している。

詳細情報

リンク
妙高酒造 https://myokoshuzo.co.jp/
今月のお得な国内ツアー びゅう

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット