長岡花火ミュージアムで上映する新作映像のPR画像

長岡花火ミュージアムで上映する新作映像のPR画像

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

「長岡花火」オンリー 迫力の映像 花火館で新作上映

新潟日報(2022年3月31日)

 長岡花火の魅力を発信する道の駅「ながおか花火館」(新潟県長岡市喜多町)は4月1日から、長岡花火ミュージアムのドームシアターで新作映像を上映する。長岡まつり大花火大会に特化した特別編集版で、「天地人花火」が初めて入った。頭上に広がる巨大スクリーンで、新たに花火の迫力を体感できる内容となっている。

 ドームシアターではこれまで、長岡まつりの歴史や「フェニックス」など音楽付きのミュージック花火を楽しむ約20分の映像作品を、1日4回上映してきた。

 新作は「長岡まつり大花火大会ダイジェスト」と銘打ち、大花火大会のみを編集。ミュージック花火だけでなく、打ち上げ時の音や上空で広がる爆発音など現地で鑑賞しているような臨場感を堪能できる。

 花火館の武士俣一樹駅長(34)は「花火だけに絞った作品が見たいという要望が寄せられていた。ここ2年中止となった大花火大会の感動を味わってほしい」と話す。

 新作は約20分で、午後1時15分と同4時15分の1日2回上映する。高校生以上600円、小中学生300円。ミュージアムは水曜定休。問い合わせは花火館、0258(86)7766。

詳細情報

リンク
道の駅「ながおか花火館」 https://nagaoka-hanabikan.niigata.jp/
今月のお得な国内ツアー びゅう

長岡・寺泊・柏崎 ニュース