絶景を満喫する関係者=加賀市山中温泉の鶴仙渓

絶景を満喫する関係者=加賀市山中温泉の鶴仙渓

石川県 加賀・白山・小松 アウトドア・レジャー

石川県・山中温泉の鶴仙渓、川床で一休み 今季の営業スタート

北國新聞(2022年4月2日)

 加賀市山中温泉の大聖寺川沿いにある景勝地「鶴仙渓(かくせんけい)」で1日、赤い日傘の下で景色を楽しみながら休憩できる「川床」の営業が始まった。営業前に祈願祭が営まれ、関係者がシーズン中の安全と盛況を願った。

 あやとりはしのたもとに設けられ、6人用の座敷とペアシートの木製ベンチ計32席を用意した。山中温泉出身の料理人道場六三郎さんが監修した和菓子「川床ロール」や「冷製抹茶しるこ」が楽しめる。

 祈願祭は、山中温泉旅館協同組合と観光協会の10人が参加して行われた。協会の桂田史朗会長(56)は昨季の川床利用者が1万6千人だったとし、「今年は、例年の2万2千人以上の人に訪れてほしい」と話した。営業は11月末まで。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース