梅林公園の梅の花=3月30日、田上町田上

梅林公園の梅の花=3月30日、田上町田上

新潟県 燕・三条・弥彦 花・紅葉 グルメ

春薫る「田上うめまつり」 道の駅では特製弁当販売も

新潟日報(2022年4月5日)

 新潟県田上町で、春恒例の「田上うめまつり」が開かれている。ことしは、道の駅たがみで梅づくしの特製弁当が限定販売され、展望スペースも設けられた。多くの人が春の訪れを満喫できそうだ。

 町観光協会が主催し23回目。園や周辺の畑計7ヘクタールは、梅の木約2千本が植えられている。3月の低温の影響で、開花時期は平年よりも1週間ほど遅いという。

 春の陽気に包まれた先月下旬、園内には町特産「越の梅」の白い花、ピンク色のしだれ梅などがかわいらしく咲き、親子連れや夫婦らがゆっくりと眺めながら、写真に収めていた。鼻を近づけて、爽やかな香りを楽しむ人もいた。

 園から徒歩約10分の高台には、梅畑や越後平野、弥彦山などを一望できるスペース「見晴らしの丘」を設けている。最高の眺めを見てほしいと、町梅生産組合長の小柳松栄さん(73)が地元有志と私有地を整備し、開放している。

 妙高市の介護施設職員(54)は「初めて来たが、いろんな種類の梅があって良かった」と笑顔だった。

◆梅尽くしの弁当も登場・道の駅たがみ

 道の駅たがみでは10日まで、町農・泊連携推進協議会が開発した「春梅御花見弁当」(1480円)を数量限定で販売している。湯田上温泉の旅館が調理。何度も試食を重ね、販売にこぎ着けた自慢の味だ。

 おかず、ご飯は計16種類。越の梅の梅干し、梅風味の赤飯、梅しそカツ、イワシの梅甘露煮など梅がたっぷり。菜の花の田上ポーク巻きなど地元の食材をぜいたくに使い、味も見た目も春の装いを感じられる弁当に仕上げた。

 馬場大輔駅長(43)は「開けた時にわくわくする弁当。花をめでながらでも自宅でも楽しんで」と呼び掛けている。

 問い合わせは道の駅たがみ、0256(47)0661。

詳細情報

リンク
田上うめまつり|イベント情報|観光のご案内|田上町 http://www.town.tagami.niigata.jp/sightseeing/event/h24ume.html
今月のお得な国内ツアー びゅう

燕・三条・弥彦 ニュース

燕・三条・弥彦
イベント

燕・三条・弥彦
スポット