2019年に開かれた「きものまつり」。2年連続の中止を経て、5月3日に復活開催される=十日町市本町通り

2019年に開かれた「きものまつり」。2年連続の中止を経て、5月3日に復活開催される=十日町市本町通り

新潟県 十日町・松之山・津南 祭り・催し

春の和装が復活 「十日町きものまつり」5月3日に開催

新潟日報(2022年4月28日)

 新型コロナウイルス感染拡大で2年連続中止となっていた「十日町きものまつり」が5月3日、新潟県十日町市本町周辺を会場に開かれる。感染対策のため、着物ショーなど一部の恒例プログラムは実施できないが、和装が映える撮影スポットを設けるなど7種の新企画を用意。「着物のまち」の春を3年ぶりに盛り上げる。

 今回で46回目となる同まつりは、市や市観光協会などでつくる実行委員会が主催。本町通りなど約1キロの区間を歩行者天国として開放し、レンタルした着物を着て散策できるサービスやカフェ、バンド演奏など多彩な催しを繰り広げる。

 新企画「きものが映える和のスポット」は、本町2のポケットパークなどに和風の絵柄の風車や番傘、赤い毛氈(もうせん)をあしらった撮影ステージを設ける。着物や和装でまつりを楽しむ様子を撮影し、「#きものまつり2022」のハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿すると、抽選で20人に地元の特産品が贈られる。

 市民交流センター「分じろう」では、4月11〜14日に開かれた「きものフェスタ」の入賞作を展示する。

 このほか、2020年に十日町きもの女王に選ばれた3人のトークショー、津南中等教育学校生徒による着物の端切れ製小物販売、抽選付きスタンプラリーなどを予定している。

 例年通り、当日午前には本町1の越後妻有文化ホール「段十ろう」で成人式が行われる。まつり会場を訪れた新成人には記念品として十日町のオリジナルクオカードをプレゼントする。

 感染対策として5カ所に検温スポットを設置。来場者は立ち寄り、検温・消毒、体調確認を済ませる必要がある。問題がない場合に配布されるリストバンドを着けないと各催しに参加できない。

 歩行者天国の時間は午前10時50分〜午後3時。実行委事務局の市観光協会は「感染禍で長い間できなかった、着物姿での外出を楽しんでほしい」としている。

 問い合わせは十日町きものまつり実行委員会、025(757)3345。

詳細情報

リンク
第46回十日町きものまつり | 十日町市観光協会 https://www.tokamachishikankou.jp/event/kimonomatsuri/
今月のお得な国内ツアー びゅう

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット