ナイトカヤックの体験会。夜の海にカヤックに付けた集魚灯の光が幻想的に浮かぶ=佐渡市

ナイトカヤックの体験会。夜の海にカヤックに付けた集魚灯の光が幻想的に浮かぶ=佐渡市

新潟県 佐渡 アウトドア・レジャー

闇に浮かぶ幻想の船 佐渡でナイトカヤックが人気

新潟日報(2022年5月31日)

 日没後の海や湖でシーカヤックを楽しむ「ナイトカヤック」が、新潟県佐渡市内の海水浴場などで行われている。カヤックに付けた光が水中を照らし、写真映えするとして観光客らの人気を集めている。

 NPO法人「サードフィールドさど」は、4月下旬から佐和田地区の佐和田海岸海水浴場と加茂湖でナイトカヤック体験を始めた。船底の集魚灯が7色に変化するため、船が水面に浮かび上がっているような幻想的な雰囲気に包まれる。浅瀬で行うため、水中の魚や海藻などがよく見えるのも売りだ。

 24日には関係者を中心に体験会が開かれた。小木地区の男性(64)は「実際にこぐと、魚がよく見えてきれい。昼とは全く違う雰囲気を楽しめた」と満足そうに語った。

 サードフィールドさどの本間勝副理事長は「佐渡は夜の街の明かりが少なく、非日常感が味わえる。たくさんの人が癒やされに来てほしい」と話した。

 10月ごろまで楽しめる。複数の団体がナイトカヤックを行っており、相川地区の達者海水浴場などでも体験できる。

今月のお得な国内ツアー びゅう

佐渡 ニュース