色鮮やかな七夕飾りの下で祭りを楽しむ大勢の人たち=高岡市戸出町

色鮮やかな七夕飾りの下で祭りを楽しむ大勢の人たち=高岡市戸出町

富山県 高岡・氷見・射水

500本の七夕飾りが町を彩る 戸出七夕まつり始まる

北日本新聞(2022年7月4日)

 高岡市戸出地区の夏の風物詩「第57回戸出七夕まつり」が3日、地区中心部で始まった。新型コロナウイルスの影響で2020年から2年連続で中止しており、開催は3年ぶり。吹き流しやちょうちんなどで飾られた約500本の七夕が町を彩り、大勢の家族連れらでにぎわった。7日まで。

 メイン通りや道沿いに自治会や各家庭で制作した七夕が並んだ。雨が降る時間もあったが、訪れた人は七夕をじっくりと眺めたり、写真に収めたりして久しぶりのまつりを満喫した。戸出コミュニティセンターで、戸出中学校吹奏楽部の演奏や子どものダンスグループの発表もあった。

 砺波市から両親と訪れた大江結衣ちゃん(4)は「浴衣を着て七夕を見られてよかった」と話していた。

 北日本新聞社協賛。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース