宿泊施設兼レストランだった建物。泰阜村が活用してくれる借り手を募る

宿泊施設兼レストランだった建物。泰阜村が活用してくれる借り手を募る

長野県 伊那路 その他

秘境駅から徒歩10分余の施設 泰阜村の借り手募集に関心相次ぐ

信濃毎日新聞(2022年7月13日)

 泰阜村が、同村金野地区にある遊休施設を活用してくれる借り手を探している。都市部から人を呼び込む拠点にしようと10年余前に建設した2棟の建物で、2019年度までNPO法人がレストランなどで活用していた。今月から移住関連サイトなどで借り手を募ると、興味を持つ人が増えている。

 レストランの建物は、村が村有地に約5800万円で建設。NPO法人が指定管理者となり、宿泊できる会員制レストランの運営を担っていた。騒がしい都会を離れて田舎で過ごしたい人たちに利用されていたが、店を切り盛りしていた関係者が亡くなり、19年度に閉業した。

 「秘境駅」として有名なJR飯田線金野駅から徒歩10分余の場所にあり、車のすれ違いも難しい道を進んだ先にある。ここ数年は活用してくれる人がおらず、村の担当者は「お金をかけて建てたのに使いようがなく管理費ばかりかかる」と肩を落としていた。

 一方、移住関連サイトで借り手の募集を始めると、関心を示す人が相次ぐように。すでに複数の人から応募の意向が示されている。村は、指定管理者や地域おこし協力隊などに建物を活用してもらうことを想定しており、運営も補助する方針だ。

 応募の締め切りは11月末で、応募者から示された活用方法を審査して選ぶ。問い合わせは村づくり振興室(電話0260・26・2111)へ。

今月のお得な国内ツアー びゅう

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット