作品を楽しむ来場者=加賀市山中温泉塚谷町2丁目のうるしアートはりや

作品を楽しむ来場者=加賀市山中温泉塚谷町2丁目のうるしアートはりや

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

親子の蒔絵作品並ぶ 山中温泉の工房

北國新聞(2022年7月30日)

 加賀市山中温泉塚谷町2丁目のうるしアートはりやの工房祭「針谷蒔絵(まきえ)の世界」(北國新聞社後援)は29日、同工房で始まり、伝統工芸士の針谷祐之さん(68)ら親子4人がアクセサリーなどの蒔絵作品500点を並べ、来場者を魅了した。

 祐之さんと妻絹代さん(63)夫婦と、長男崇之さん(39)、次男祥吾さん(36)が、フクロウの絵を描いた蝶(ちょう)貝製のブローチや魚をあしらったアクリル製の棗(なつめ)を並べた。31日まで。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース