恐竜の生態を伝えるロボットや骨格標本が並ぶ「ジュラシック大恐竜展2022inときメッセ」=新潟市中央区

恐竜の生態を伝えるロボットや骨格標本が並ぶ「ジュラシック大恐竜展2022inときメッセ」=新潟市中央区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

でかい!かっこいい!恐竜ロボ 新潟市で「大恐竜展」

新潟日報(2022年8月1日)

 迫力ある恐竜の世界を体感できる「ジュラシック大恐竜展2022inときメッセ」が7月29日、新潟市中央区の朱鷺メッセ展示ホールで開幕した。訪れた親子連れは実物大の恐竜ロボットに「でかい」と歓声を上げ、写真撮影をしたり、学んだことをメモしたりしながら楽しんでいた。

 会場には、ジュラ紀(約1億5千万年前)で最強といわれる肉食恐竜アロサウルスなど11体の動くロボットや、全長約12メートルのティラノサウルスの骨格標本を展示。触ることができるトリケラトプスの一部分の化石もある。

 家族で訪れた見附市の小学4年の男児(10)は「想像よりも大きくて驚いた。今、実際にいたら怖いと思ったけれど、かっこよかった」と満足そうに話した。

 8月28日まで。午前10時〜午後4時。入場料は大人(中学生以上)1900円、子ども(3歳〜小学生)千円。

詳細情報

リンク
【開催案内】ジュラシック大恐竜展2022inときメッセ | トピックス一覧|朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター http://www.tokimesse.com/topics/detail?id=224
今月のお得な国内ツアー びゅう

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット