作品を鑑賞する来場者=白山市番匠町のギャラリーノア

作品を鑑賞する来場者=白山市番匠町のギャラリーノア

石川県 加賀・白山・小松 祭り・催し

素朴な越前焼120点 白山で作陶展

北國新聞(2022年8月12日)

 越前市の陶芸家伊東俊治さんの作陶展(北國新聞社後援)は11日、白山市番匠町のギャラリーノアで始まり、薪窯(まきがま)で制作されたつぼや盛器、ビアグラスなどの越前焼約120点が素朴な趣を伝えた。

 薪窯は約1280度まで熱せられ、灰がかかった影響で味わい深い色や模様を描き出す。窯の中で火の近くに置いてあった作品は、表面がつるつるとした仕上がりとなっており、来場者の注目を集めた。13日まで。

えきねっと びゅう国内ツアー

加賀・白山・小松 ニュース