東御市が湯の丸高原に整備したテレワーク施設

東御市が湯の丸高原に整備したテレワーク施設

長野県 上田・小諸 アウトドア・レジャー その他

「缶詰」で仕事・勉強いかが 湯の丸高原で合宿、東御市が提案

信濃毎日新聞(2022年8月26日)

 東御市は、湯の丸高原に整備したテレワーク施設で仕事や勉強に集中してもらおうと食事付きの「集中缶詰合宿プラン」を提案している。キャンプ場に隣接しており、受験生が勉強に励む間、同行の家族はレジャーを楽しむといった使い方を想定している。

 標高1700メートル余に4月に開所。木造平屋約60平方メートルでコピーなどの複合機やWi―Fiを備え、最大15人が使える。2食付きの日帰りプランは1人4500円、5食付きの1泊プランは1万3千円。市商工観光課は「涼しい環境で仕事や勉強に打ち込める。家族と共に湯の丸高原を楽しんでほしい」とする。

 宿泊、食事場所は基本的に、指定管理者の湯の丸観光開発が運営する近くの湯の丸高原ホテル。夕食はキャンプ場でのバーベキューに変更できる。内容により料金が変わる場合もある。10月31日まで。問い合わせ・予約は同ホテル(電話0268・62・0376)へ。

今月のお得な国内ツアー びゅう

上田・小諸 ニュース