ユニークな作品が展示されている「わらアートまつり」=8月28日、新潟市西蒲区

ユニークな作品が展示されている「わらアートまつり」=8月28日、新潟市西蒲区

新潟県 新潟・岩室 祭り・催し

巨大な猫ちゃん福招く 「わらアートまつり」新潟市で開催

新潟日報(2022年8月29日)

 稲わらで作った巨大アートを展示する「わらアートまつり」が28日、新潟市西蒲区の上堰潟公園で始まった。今年は武蔵野美術大(東京)の学生が3年ぶりに制作。地域に活力を届けたいとの思いが込められた縁起物の招き猫など、3作品がお披露目された。

 まつりは同市が主催し、美大生の協力を得て開催している。新型コロナウイルスの影響で2020年は中止となり、21年も学生のデザインを基に地元ボランティアが制作する形で行った。

 今年は学生23人が21日から西蒲区に滞在し、1週間かけて制作した。区内の5小学校から提供された学校田の稲わらを使い、高さ約4メートルの招き猫や麒麟(きりん)、松を表現。木製の骨組みにわらを巻き、麻ひもで縛って立体感を出した。作品は猫の首元の鈴を鳴らしたり、縁に腰掛けたりして楽しめる。会場では軽食などの販売もあり、家族連れが訪れた。

 制作した学生(20)は「3年ぶりで制作の経験がある先輩がおらず、手探りの作業。高いところは脚立で作業するので大変だったが楽しかった。たくさんの人に見てもらいたい」と話した。

 家族で作品を見ていた三条市の会社員(36)は「招き猫の表情が前後で違うのが面白い」と感心していた。

 10月31日まで。

詳細情報

今月のお得な国内ツアー びゅう

新潟・岩室 ニュース

新潟・岩室
イベント

新潟・岩室
スポット