勢いよくスタートする選手たち=9月4日、佐渡市

勢いよくスタートする選手たち=9月4日、佐渡市

新潟県 佐渡 アウトドア・レジャー

鉄人たちが佐渡に戻ってきた!3年ぶり国際トライアスロン

新潟日報(2022年9月6日)

 佐渡全島を舞台にした「佐渡国際トライアスロン大会」が4日、新潟県佐渡市で開かれた。新型コロナウイルスの影響を受け、3年ぶりの開催。島内外の鉄人約1800人が、厳しい残暑の中、限界に挑んだ。

 佐渡市などでつくる実行委員会が主催し、34回目。海岸線を生かした変化に富んだコースが魅力で、スイム4キロ、バイク(自転車)190キロ、ラン42・2キロのAタイプは日本最長コースで知られる。今回は出場者に抗原検査を求めたほか、補給場所の数を減らすためランを周回コースに変更するなど、さまざまな感染対策を講じた。

 3部門が行われ、午前6時にスイムで佐和田海岸を順次スタート。バイクで景勝地や田園地帯を駆け抜け、周回コースのランで懸命にゴールを目指した。

 Aタイプ男子で優勝した東京都の荒瀬壮兵さん(34)は「景色も天気もよくて楽しかったし、沿道の応援も力になった。(ウイルス禍だが)スタッフのおかげでストレスなくできた」と笑顔で語った。

詳細情報

リンク
佐渡国際トライアスロン大会 http://www.scsf.jp/triathlon/
今月のお得な国内ツアー びゅう

佐渡 ニュース