難民問題などについて話した渡辺さんの講演会

難民問題などについて話した渡辺さんの講演会

長野県 上田・小諸 その他

平和のため戦争語る 上田市で信州戦争展 3日間の日程で始まる

信濃毎日新聞(2022年9月18日)

 平和のための信州戦争展(実行委員会主催)が17日、上田市の上田創造館で3日間の日程で始まった。初日はオープニング・コンサートに続き、全国難民弁護団連絡会議代表の渡辺彰悟弁護士が講演。難民問題などについて、約180人が聞き入った。

 渡辺さんは日本の難民認定率が他国に比べて低いと強調。一方、ロシアの軍事侵攻を受けるウクライナからの避難民への支援は手厚く、他国の難民申請者への対応と「大きな違いがある」と問題点を指摘した。コンサートは地元の高齢者有志のコーラスグループが「折り鶴」など2曲を披露。市第一中学校の生徒によるピアノの連弾もあった。

 平和の尊さと戦争の悲惨さを語り継ぐため、県内持ち回りで開き、今年で33回目。館内には地元の戦争の歴史を紹介する展示物などが並ぶ。講演を聞いた同市の野崎常夫さん(87)は「難民問題を分かりやすく話してもらい、勉強になった。問題意識を広げていかなくてはならないと思った」と話した。

今月のお得な国内ツアー びゅう

上田・小諸 ニュース