新設した蒸留所の内部。吹き抜けに二つの蒸留器が並ぶ=上越市

新設した蒸留所の内部。吹き抜けに二つの蒸留器が並ぶ=上越市

新潟県 上越・妙高・糸魚川

上越産ジンは世界を目指す、越後薬草の新蒸留所が完成

新潟日報(2022年11月1日)

 健康食品メーカーの越後薬草(新潟県上越市小猿屋)は、ジンなどを製造する新たな蒸留所を敷地内に完成させた。輸出拡大を狙い、ドイツと中国から新たに二つの蒸留器を導入し生産能力を現在の5〜10倍に増やした。蒸留所で多くの人にジンを知ってもらおうと、蒸留所を見たり、ジンやコース料理を楽しんだりする工場見学も始めた。

 新蒸留所は3階建てで、延べ床面積は約248平方メートル。1階に蒸留所、2階にアートギャラリー、3階にジンや食事を提供するバーサロンがある。建物はコンクリート造りで、外壁には上越市産「越後杉」の型枠を使い、ぬくもりを感じさせる雰囲気にした。工場見学は地元食材を使ったコース料理8品程度と、それぞれの料理に合ったジンが付く。塚田和志社長(33)は「県内ではなじみの薄い蒸留酒の飲み方を伝える場所にしたい」と来場を期待している。

 クラフトジンは、欧州を中心に人気がある。同社のジンは主力の健康食品を作る際に生じるアルコールを利用するため、高品質の原料を使いつつ消費者には安価で提供できる利点がある。今後、世界各地のイベントに出店するなどして輸出拡大を図る。

 現在は国内と国外の販売比率が9対1程度だが、塚田社長は「3対7を目指し、本場のイギリスやドイツに売り込みたい」と意気込んでいる。

 工場見学は1日10人限定で、毎週木曜日から月曜日の午後6時半から2時間半程度(休みは不定期)。見学料は食事代込みで、メニューによって月ごとに変わる。事前予約が必要。問い合わせは同社、025(544)3050。

詳細情報

リンク
越後薬草 | 発酵を健やかに 美しく。 https://echigoyakuso.co.jp/
今月のお得な国内ツアー びゅう

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット