定期検査の費用を賄うため、トキ鉄がクラウドファンディングを始めた「クハ455形」=上越市の直江津駅

定期検査の費用を賄うため、トキ鉄がクラウドファンディングを始めた「クハ455形」=上越市の直江津駅

新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

旧国鉄「クハ455形」守りたい!トキ鉄が支援を募集

新潟日報(2022年12月12日)

 えちごトキめき鉄道(新潟県上越市)が「観光急行」として運行する旧国鉄製電車「クハ455形」の定期検査費用や改修費を賄うため、クラウドファンディング(CF)を行っている。先月末、1両分の検査費用500万円を募ったところ、1日で目標額を突破。今後必要になる別の車両の検査費なども確保するため、目標額を1500万円に引き上げ、年明けまで引き続き募る。

 トキ鉄は昨年、昭和に全国で走っていた貴重な「急行形電車」を誘客に活用しようと、JR西日本からクハ455形を含む計4両を購入。展示用を除く3両を、昨年7月から週末を中心に運行している。

 そのうちの1両は、検査期限が切れる来年夏で運行を終えることも検討されていた。トキ鉄は希少性も考え、メンテナンスをすれば車両は経営に寄与できると判断。まずは5年程度使うために検査、改修を行うことを決めた。

 検査、改修には約2500万円が必要で、このうち検査費用に充てる500万円を調達しようと11月28日にCFを始めた。しかし翌29日には目標額を突破。CFを継続することで、トイレの洋式化など追加で改修する費用や、2024年に検査が迫る他の2両の検査費など、さらに1千万円を集めたい考えだ。

 鳥塚亮社長は「全国から支えてもらいありがたい。1円でも多くの寄付をいただき、地域の鉄路を守る力にしたい」と喜んでいる。

 寄付は3千円から。金額に応じて、座席の布地を使ったクッションやつり革などの返礼品がもらえる。来年1月15日午後11時にCFは締め切られる。

 CFは専門サイト「レディーフォー」で行う。

詳細情報

リンク
えちごトキめき鉄道株式会社 https://www.echigo-tokimeki.co.jp/
今月のお得な国内ツアー びゅう

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット