いろりで五平餅を焼く子どもら=飯島町

いろりで五平餅を焼く子どもら=飯島町

長野県 伊那路 祭り・催し グルメ

昔ながらの五平餅づくり 飯島で親子40人体験

信濃毎日新聞(2015年5月6日)

 長野県上伊那郡飯島町の町歴史民俗資料館・飯島陣屋で5日、「こどもの日」にちなんで子どもらが昔ながらの五平餅作りを体験した。県内外の親子連れなど、定員の2倍に当たる約40人が参加。いろりで一本一本丁寧に香ばしく焼き上げ、その場で頬張った。
 串は竹を割って作り、ご飯はかまどにまきをくべて釜で炊いた。炊きたてをつまみ食いする大人の姿も。殻を割って取り出したクルミ、サンショウの葉をすり鉢ですり、砂糖などを混ぜ合わせ、みそだれも手作り。釜の中でつぶし、思い思いの形に丸めて串に刺したご飯に塗った。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット