北陸新幹線で首都圏と北陸・信越エリアがぐっと身近になりました!
北陸・信越地方の新潟日報、北日本新聞、北國新聞、福井新聞、信濃毎日新聞の地方紙5社が、
地元新聞社ならではの観光ニュースや観光トピックス、観光イベント情報をお届けします!
公式フェイスブックはこちら、公式ツイッターはこちらです。
■北陸新幹線関連ニュース特集はこちら■  ■北関東の観光情報は「きたかんナビ」で■

北信越・北関東 もののふ風土記|北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ
北陸新幹線

【北陸新幹線とは】

 「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」の四つの列車名がある。四つの運行体系に合わせ、公募した中から決定。「かがやき」は東京―金沢の主要駅だけ止まる最速列車。「はくたか」は停車駅が多いタイプ。「つるぎ」は富山―金沢を往復、「あさま」は現行の長野新幹線と同じ東京―長野を往復する。
 1997年10月、東北、上越新幹線との共用区間を含めた東京―長野の約222キロが先行開業し、長野新幹線と呼ばれた。2015年3月14日に長野―金沢の約228キロが開通する。車両はE7、W7系で最高時速は260キロ。
 沿線に広がる風景や伝統工芸品を意識した色彩、デザインと最新技術による「和の未来」を表現。最も高級な「グランクラス」室内は漆をイメージした茶色が基調で、デッキに四季の風景を描いた飾りを施している。