上高地の河童橋から穂高連峰を望む観光客たち=20日、松本市安曇

上高地の河童橋から穂高連峰を望む観光客たち=20日、松本市安曇

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

新緑の上高地、観光客でにぎわう 思い思いに自然を満喫

信濃毎日新聞(2015年5月21日)

 新緑の季節を迎えた松本市安曇の北アルプス上高地は20日、晴れわたる青空の下、多くの観光客でにぎわった。散策しながら緑に触れたり、山並みなどの景観をスケッチしたりする人が目立ち、思い思いに自然を満喫していた。

 上高地の同日午後1時の気温は19・4度。河童橋近くのベンチには、残雪をいただく穂高連峰や清涼な梓川の風景を描こうと、20人以上がスケッチを楽しんでいた。

 岐阜県関市から日帰りのツアーでスケッチに訪れた船谷多賀子さん(55)は「雪と空と緑の彩りがすてきで、出来の良い作品が描けました」と満足そうだった。

 上高地インフォメーションセンターなどを運営する自然公園財団上高地支部(松本市安曇)によると、この季節は周辺を散策する観光客が大半を占め、雪解けがさらに進むと登山者が増える。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット