県内外から来た団体客らでにぎわう妙高高原ビジターセンター=10日、妙高市関川

県内外から来た団体客らでにぎわう妙高高原ビジターセンター=10日、妙高市関川

新潟県 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 その他

妙高高原ビジターセンター 本年度入館10万人を突破 新幹線開業で注目

新潟日報(2015年11月11日)

 妙高市の観光施設「妙高高原ビジターセンター」の2015年度の入館者数が10日、10万人を突破した。14年度より3カ月早かったことに、センターは「北陸新幹線開業や妙高戸隠連山国立公園の独立などで注目度が上がったため」とみている。

 センターは1983年に開館。昨年2月に入館者数が初めて年間で10万人を突破した。今年は9月ごろから好天が続き、紅葉もよかったことから、入館者が大きく伸びたという。

 「北陸新幹線や国立公園の効果でメディアに取り上げられる機会が増えた。市や観光協会と一体的に首都圏や関西圏で広報活動をしたことも大きい」としている。来年には総入館者数が200万人に達する見通し。

 センターは国立公園内の名所のいもり池に隣接し、公園に生息する動植物の標本を展示。スタッフが妙高山や火打山などの特徴を説明し、妙高の自然をPRしている。

 春日良樹館長は「地域と協力しながら池や森の草刈りなどを進め、魅力的な景観を保全していきたい」と話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット