初島神社の御柱祭で、若者を乗せボートに引かれて諏訪湖に入る御柱。諏訪地方観光連盟はこうした小宮の御柱祭での観光客受け入れを目指す=2010年10月

初島神社の御柱祭で、若者を乗せボートに引かれて諏訪湖に入る御柱。諏訪地方観光連盟はこうした小宮の御柱祭での観光客受け入れを目指す=2010年10月

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

「観光客も曳行体験」PRへ 諏訪湖・初島神社の御柱祭

信濃毎日新聞(2015年12月8日)

 諏訪地方観光連盟(事務局・諏訪市)は7日、諏訪湖の人工島・初島にある初島神社の御柱祭を「観光御柱」と位置付け、御柱の曳行(えいこう)に観光客の積極的な参加を求めていく計画を明らかにした。前回までは秋に実施していたが、諏訪大社御柱祭から間もない来年6月に前倒しする考え。同神社を含め、諏訪地方各地で開く「小宮の御柱祭」への来訪も呼び掛けていく。

 観光連盟の御柱祭観光情報センターは、諏訪大社御柱祭の観光客増加を背景に、今回の御柱祭から曳行路への立ち入りなどを自粛するよう呼び掛けている。初島の観光御柱を旅行会社にPRし、観光客が集中する4〜5月の御柱祭からの分散も期待する。

 初島は毎年8月の諏訪湖祭湖上花火大会の打ち上げ場所となる人工島。初島神社の御柱祭は湖上を御柱が進む独特な姿が特徴だ。2010年10月の前回から観光客の受け入れを始め、諏訪湖畔などを参加者が曳行した。御柱祭を担う「初島奉賛会」の横山真会長(43)は「地域の観光振興に役立てるよう協力したい」と話す。

 同センターは、初島以外の小宮の御柱祭についても、観光客の受け入れ可能な祭りをリストアップして旅行会社や観光客らに紹介するなど、発信に努めていく。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット