巨大水槽にやってきたサンタクロース。悠々と泳ぐ姿に子どもたちもくぎ付けだった=8日、上越市西本町4の市立水族博物館

巨大水槽にやってきたサンタクロース。悠々と泳ぐ姿に子どもたちもくぎ付けだった=8日、上越市西本町4の市立水族博物館

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

上越市立水族館 水槽はXマス気分 サンタダイバー登場

新潟日報(2015年12月9日)

 上越市西本町4の市立水族博物館の大型水槽が25日までクリスマスムードに包まれている。青と白の発光ダイオード(LED)約2千個に彩られ、サンタ姿のダイバーが水中で餌やりのパフォーマンスを披露している。

 ことし4月、横浜八景島(横浜市)が指定管理者になってから初のクリスマス企画。大型水槽は高さ5・5メートル、幅7メートルで、サメやエイ、アジなど約5千匹が泳ぎ回っている。

 サンタダイバーは平日は1日2回、土日祝日は1日3回登場し、アジなどにプランクトンを与える。入館者が希望すれば、水槽越しにサンタダイバーと記念撮影できる。

 8日に学校行事で訪れた南魚沼市の六日町小学校2年滝沢誠司君(8)は「サンタと魚と一緒に写真を撮れて楽しかった」と喜んでいた。

 大型水槽の前には海水の入ったワイングラスを5段に積み上げ、ライトアップした展示もあり、一部のグラスの中では小さなクラゲが飼育されている。サンタカラーの赤と白の色彩を持つエビや、トナカイの角のような突起物があるフグも特別展示している。

 問い合わせは同館、025(543)2449。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット