展示されたアオイガイ=のと海洋ふれあいセンター

展示されたアオイガイ=のと海洋ふれあいセンター

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 アウトドア・レジャー

貝殻を持ったタコ のと海洋センター展示

北國新聞(2015年12月19日)

 のと海洋ふれあいセンター(能登町)は18日、カイダコと呼ばれる貝殻を持った珍しいタコ「アオイガイ」の展示を始めた。センターによると、生きたままの姿を見ることができるのは珍しいという。

 展示されたアオイガイは、体長約18センチ。南方の海に生息し、雌は卵を守るため、非常に薄い貝殻をつくる。

 15日朝にセンターの海岸の散策路「磯の観察路」を散歩していた住民が、漂っているアオイガイを見つけてセンターに持ち込んだ。衰弱していたが、水槽で管理したところ、餌を食べるようになったため展示することにした。センターは対馬暖流に乗って流れてきたのではないかとみている。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット