2014年7月に行われた「信州・まつもと大歌舞伎」の「三人吉三」で通し稽古をする(左から)中村七之助さん、勘九郎さん、尾上松也さん

2014年7月に行われた「信州・まつもと大歌舞伎」の「三人吉三」で通し稽古をする(左から)中村七之助さん、勘九郎さん、尾上松也さん

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

信州・まつもと大歌舞伎 5回目、7月に開催

信濃毎日新聞(2016年1月8日)

 松本市のまつもと市民芸術館を運営する同市芸術文化振興財団は7日、「信州・まつもと大歌舞伎」の公演を、7月に同芸術館で開くと明らかにした。この日、財団の理事・監事・評議員合同会議の2016年度事業概要説明で示した。日にちや演目や出演者など詳細は未定で、同財団や市、信濃毎日新聞社などでつくる実行委員会が詰める。

 信州・まつもと大歌舞伎は、08年に同館の串田和美芸術監督が演出、故18代目中村勘三郎さんら人気歌舞伎俳優が出演した公演が始まり。市内で2年に1度開き、今年で5回目を迎える。

 12年に勘三郎さんが亡くなり、串田芸術監督が演出した14年7月の第4回公演「三人吉三(さんにんきちさ)」は、勘三郎さんの長男勘九郎さん、次男七之助さん、尾上松也さんが出演した。全8公演で延べ1万1855人が鑑賞した。出演者らが市街地を練り歩く「登城行列」や交流行事に約4万6800人が集まった。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット