赤備えをイメージした「ゆきむら号」の前に立つ岩井さん

赤備えをイメージした「ゆきむら号」の前に立つ岩井さん

長野県 上田・小諸 その他

レンタカーも「赤備え」 「真田丸」に合わせ上田に登場

信濃毎日新聞(2016年1月30日)

 ジェイアール東日本レンタリース上田営業所(上田市天神)は29日、地元ゆかりの戦国武将・真田信繁(幸村)の甲冑(かっちゅう)「赤備え」をイメージしたレンタカー「ゆきむら号」の「出陣式」を上田駅前で開いた。信繁が主人公のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせ、観光客らに楽しんでもらおうと1台を配備。最初の客が早速乗り込んだ。

 車種はホンダのフィットで、車体の色は赤。側面に、真田氏の家紋の六文銭をモチーフにした上田市の新公式ロゴマークと、市中心部のうえだ原町一番街商店会のキャラクター「真田幸丸」のイラストをあしらっている。出陣式でジェイアール東日本レンタリース(東京)の桜沢泰広社長は、車のナンバーが「真田十勇士」にちなんで「37―10」であると紹介し、「11番目の武者として上田の顔となってほしい」とあいさつした。

 一番乗りの客はさいたま市の会社員岩井孝浩さん(41)。月2回ほど仕事で上田を訪れており、今回はゆきむら号の「初陣」に合わせて出張の日程を組んだという。「この車で得意先回りや飛び込み営業をすれば会話のきっかけになる」と話していた。

 料金は他の同車種と同じ。ゆきむら号の利用者は、上田城跡公園内の信州上田真田丸大河ドラマ館など市内11カ所の施設・店舗でプレゼントや割引の特典が受けられる。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット